馬油でお肌も髪もしっとりツヤツヤに

馬油がお肌にも髪にもいいらしい
馬油(ばーゆ)とは読んで字のごとく馬の油です

sponsered link

馬油って聞いたことはあるけど、どんなの?

実は馬油ってものすごく万能なんです

馬油が、お肌にも髪にもいいと言われるのは、馬油は人間の皮脂と成分がとても近いので、非常に浸透率がとても良く、肌への負担が少ないという特徴があるからなんです

なので、馬油は、敏感肌などデリケートな肌質の人にも安心して利用できることから人気があり、赤ちゃんから高齢者の方まで幅広い年齢層に愛用されています

また、馬油には皮膚の炎症を抑えたり、皮膚から侵入する細菌に対する抗菌・殺菌作用などがあることか昔から火傷、切り傷、あかぎれ、しもやけなどの治療薬としての効果があるほか、ニキビや肌荒れなどを改善するスキンケアとしても利用されています

馬油を使ったシャンプーは、髪の毛をしっとりツヤツヤにする効果がある他、フケや抜け毛の予防としても有効であると言われています

ガマの油の正体?

一説によると、時代劇で見かける「ガマの油」は、その正体は実は「馬の油」だったのではないかといわれています

そのわけは江戸の中期頃、牛や馬の食用が禁じられていたため公に「馬の油」とは 言いづらかったため「我が馬の油」→「我馬の油」→「ガマの油」と文字って変名したのではないかというものです

ちなみに、耳にしたことがあるのではないかと思いますが、ソンバーユというのは薬師堂の馬油が化粧品に認可された時にできた馬油のブランド名のことで中身は馬油です

sonba-yu
ソンバーユ

エイジングケア、シミにも効果あり

馬油は表面の乾燥を防ぐだけでなく、肌によい成分が角質層にまで浸透するという作用があるため、肌の内側からの保湿してくれるため、エイジングケアに効果が期待出来ます

このあたりは、人気のヴァセリンやオイルなどとは違う人の皮脂と近い成分である馬油の独特の保湿力だといえます

また馬油は、肌への浸透力が高いため皮下組織まで到達して、その栄養分が肌に働きかけてくれて血行が促進します
血行促進によって肌の代謝が良くなり、肌の再生に働きかけてくれることで、新しい肌細胞が表面に出てくることで肌に透明感が出たりシミが薄くなったりするんだそうです

洗顔時に使えば保湿力アップ

美のカリスマIKKOさん推奨の馬油を使った保湿力アップ洗顔方法です

1. 洗顔前に馬油を顔中に塗って軽くマッサージした後、5分ほど置きます
〈ポイント〉毛穴に溜まった皮脂は馬油でスッキリ落ちます
2. 軽ティッシュなどで軽く拭き取ります
3. 泡洗顔をします
〈ポイント〉洗顔前に馬油を塗っているので洗いあがりはしっとり
毎日続ければ、しっとり滑らか肌に

さらには、馬油を頭皮につけ、もみこむようにマッサージすると頭皮に栄養と刺激を与え、血行が促進されることにより、白髪や抜け毛を防ぐ効果があると期待されています

肌への負担も少なくて、身体中どこにでも使えて、米粒ほどの少量で顔全体を保湿できるぐらいなのでコストパフォーマンスもいうことなしの馬油、これは使ってみるしかないですね

bayuset_top
馬油シャンプー&トリートメントセット

 

 

スポンサーリンク
rectamdle-L
rectamdle-L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectamdle-L