明治の『カール』が西日本限定販売に

5月25日、皆さんもよく知っているであろう大手製菓会社の明治は、誰もが一度は食べたことがあるんじゃないかと思う、馴染みの深いスナック菓子『カール』について、8月生産分をもって全国販売を中止、その後は販売地域を関西地域(滋賀・京都・奈良・和歌山)以西の西日本地域に限定すると発表しました。
1968年の発売以来、国民に親しまれてきたロングセラー菓子が9月以降は中部地域(福井・岐阜・三重)以東の東日本から姿を消すことになりました。

なんと、驚きですね!Σ(゚д゚lll)

〜それにつけても、おやつはカール♪〜
のCMとカールおじさんで、お馴染みの
あの『カール』が!ですよ。

sponsered link

どうして?

じゃがいも不足によるポテト製品の販売停止、縮小は、またじゃがいもが沢山採れたら復活するのでは、という期待もあるのですご、この明治の『カール』に関しては、売上の減少、市場では皮肉かな、原料による理由で販売停止を余儀なくされたポテト製品優位で、なかなか巻き返せない状態が続いていたようです。

実は、全国販売終了という案も出ていたそうなのですが、長い間、親しまれてきた商品だからこそ、残したいという意見もあり、検討を重ねた結果のようです。

利益性も考慮した上で、現在全国で5箇所ある生産拠点を、子会社である四国明治の松山工場1箇所に集約、物流なども検討した結果、西日本のみでの販売となりました。
西日本でも「うすあじ」と「チーズあじ」の2種類のみの販売となるそうです。
明治としてのオンライン販売もないそうです。

管理人宅の次男は、『カール』のうすあじが大好きで、一緒にスーパーなどに行くと、しょっちゅうカゴに入れてます。
関西に住む管理人としては、まだ販売されるから良かった、と思うのですが
東日本に住むカール好きの人には、とってもショックなニュースだったようです。

SNSでは買い占め宣言する人も出ているほどだとか( ̄▽ ̄;)

9月以降、ネットでカールを購入する人が増えるんですかね?

カールの歴史

発売されたのは1968年ということなので、49年前です。
管理人、生まれてませんよ。

1968年というのは、メキシコオリンピックがあったり、十勝沖地震があったり、三億円事件というのもあったり、作家の川端康成氏がノーベル文学賞を受賞したり、ついでに言うと「週刊少年ジャンプ」が創刊された年でもあります。

1968年に発売された時は、子供向けに「チーズ」と、おつまみとしてもいける大人向けの「チキンスープ」の2種類、1969年に「カレーがけ」、1971年に「うすあじ」が登場します。
意外にも「うすあじ」が初の商品ではないんですね。

その後も、1976年「バターミルクあじ」、1978年「いそあじ」、1979年「ピザあじ」、1982年「か〜るいしおあじ」、1987年「バターしょうゆあじ」、1989年「お好み焼きあじ」、1990年「和風ビーフあじ」などなど、様々な味が発売されています。

現在、販売されているのは
「チーズあじ」「うすあじ」「カレーあじ」「小つぶチーズあじ」「小つぶうすあじ」「大人の贅沢カールチーズ」「大人の贅沢カールカレー」という商品ラインナップ

9月以降は、「チーズあじ」と「うすあじ」の2商品のみとなります。

これも、ひとつの時代の流れというやつなんでしょうけれど、小さい頃から馴染みのある商品だけに、なんだか寂しいですね。

 

 

スポンサーリンク
rectamdle-L
rectamdle-L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectamdle-L